森鴎外記念会
本サイトでは、なるべく多くのコンピュータでご覧いただけるよう「鴎」を新字体で表記しております。

メインメニュー
鴎外記念会

森鴎外記念会とは

 文京区立鴎外記念本郷図書館の設立にあたり、その推進に力強い陰の役割をはたしたのが「鴎外記念館建設委員会」(委員長:当時国立博物館長高橋誠一郎氏)です。委員会は、昭和24年の準備会発足の時点から、永井荷風・佐々木信綱・斎藤茂吉・吉井勇・佐藤春夫・日夏耿之介・石井柏亭・小島喜久雄・小泉信三・後藤末雄・高村光太郎という文学芸術関係の錚々たるメンバーによって準備されました。

 この委員会は、図書館が設立され、その中に鴎外記念室が設けられるや、側面からその運営に協力するとともに、別に独自の鴎外顕彰事業を活発に推し進めるために、会名を「森鴎外記念会」と改称し、昭和39年7月9日を期して再出発しました。

 記念会は発足以来今日まで数々の鴎外顕彰事業を遂行してきました。なかでも研究誌『鴎外』と、会報「森鴎外記念会通信」の発行を絶えることなく続けております。

 また、最近では国内においては津和野町の森鴎外記念館や北九州森鴎外記念会との交流も続けているほか、ドイツの森鴎外記念館(Mori‐Ogai‐Gedenkstatte)との交流も続けられ、国際的にも森鴎外を顕彰する活動の一端をになっています。

 記念会は会員制をとっており、その会則にもある通り「森鴎外の研究を促進し、その精神の普及を図るとともに、あわせて図書館の記念室運営に協力すること目的」とした研究任意団体となっております。


役 員

会長 小泉浩一郎
   
副会長 須田喜代次
田中 実
   
顧問 佐藤繁雄
山崎一穎
   
常任理事  大塚美保
倉本幸弘
金子幸代
清田文武
宗像和重
安川里香子
森 憲二
   
会員数 約400名

事 業

鴎外記念室の運営(文京区からの委託)
資料収集・資料の保存・資料の展示・公開
講演会・連続講座開催
雑誌『鴎外』発行・「森鴎外記念会通信」発行

出版物

『鴎外』(年2回発行・現在91号まで発行)
「森鴎外記念会通信」(年4回発行・現在180号まで発行)

〒113‐0022 東京都文京区千駄木3-36-5
森鴎外記念会事務局
倉本幸弘
→E-メール
プリンタ用画面
友達に伝える

Copyright © 2007-2014 森鴎外記念会 All Rights Reserved.
Powered by XOOPS Cube Project